スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
コタローの北海道弁講座
唐突ですが、ワタクシ、岐阜県出身です。

ウン十年前に北海道に移住してまいりました。

来る前は

札幌は一年中寒く、街中に熊やキツネが出没するところなのだ、

という認識をもっておりました。



ところが実際は、

夏は結構暑く(車にエアコンは当たり前)、

キツネは札幌大通りにはいません(町外れでは熊が出ます)。


上記のことはけっこうカルチャーショックでしたが、

もっとショックだったのはやはり、


方言 ですね。


札幌で就職して、道民の方とおしゃべりしたりすると、

それまで聞いたことない言葉が出るわ、出るわ。


今回はそんな北海道弁を、

遠いご先祖はかのドイツ出身であるという コタロー先生に、レクチャーしていただきましょう!

それでは むったーまーたーいっひりーべ、コタロー先生、お願いします!

100409_225043.jpg



「投げる」

DVC00005.jpg

DVC00004.jpg

・・・・・・おわかりでしょうか・・・・・・?



そう!

「投げる」=「捨てる」 なのです!!!

私が初めて札幌の地に降り立ったのは4月でした・・・

アパートの近くに空き地があり、看板が立っていました。

看板には「雪投げ場」と書いてあり・・・

(まだ)純真無垢だった私は

「え?ここ雪を投げる場所なの? あ、雪を投げる=雪合戦、ここは雪合戦をするための空き地なのね!さすが北海道、土地が有り余ってて、雪合戦会場なんかが町のあちこちにあるのね~~」

とゆー・・・よく考えればヘンだって わかりそうなもんを・・・

その年の冬まで そう信じ込んでいました・・・



そして  冬が来て・・・・

「雪投げ場」は 道路脇や、各家庭から運び込まれた 雪の山と化していました・・・。




「雪投げ場」=「雪捨て場」 だったのですね~~~~~



あと、タイヤ屋さんでも言われましたね。

「じゃ、古いタイヤ、こちらで投げちゃっていいですね?」



もちろん「捨てていいですね」って意味ですが、

私の頭の中では、裏の空き地でタイヤを投げあっこするタイヤ屋さんたちの姿がかけめぐって、

思わず笑いながら「お願いします」って答えてました



ちなみにわが岐阜の郷里では、捨てる=「ほかる」と言います。


ほかにもたくさん、ビックリ&難解な北海道弁がありますので コタロー先生にまた講義をお願いしたいと思います
DVC00062_20100917001655.jpg

※道産子の方、「それ違う!」っていうのあったらご指摘くださいね~~m(._.)m


テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

[2010/09/17 08:30 ] | 北海道弁講座 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ただいま。 | ホーム | 小暮写眞館>>
コメント
あ~あ~わかりますー!!
私も四国から関西に移住して5年目になりますが
未だに「???」ってなるコトが多々あります。
『岐阜→北海道』という距離に比べると
ずいぶん近い移住ですが、やっぱり言葉が違います。
いやぁ~方言って面白い。
また講義してくださいね、コタロー先生♪
[2010/09/17 14:11] | URL | クレアママ #- [ 編集 ]
四国から関西ってわりと近いような気がしますが、
それでも方言に隔たりがあるんですね~。
しかし方言って慣れれば理解はできるんだけど、自分からはなかなか口にはできないですね~。
やはり子ども時代に会得した言葉を一生使い続けるのかしら。
クレアちゃんの美しい関西弁?ブログも毎回楽しみにしてるワン!i-237<コタより
[2010/09/17 23:29] | URL | ぱぴこた #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://papiktoa.blog130.fc2.com/tb.php/34-94752775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。