スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
小暮写眞館

小暮写眞館 (100周年書き下ろし)小暮写眞館 (100周年書き下ろし)
(2010/05/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


大好きです。

宮部みゆき。

ミステリー、サスペンス、時代物、怪奇もの。(ファンタジーは・・・食わず嫌いで)

読むと必ず泣きます。泣けるんです。ミステリーでも、サスペンスでも。


これも泣きました。

帯にあるように 「じんわり」 きましたね。



そして、ラスト。

私が想像していたような陳腐な結末ではなかった。(よかった)



この表紙のような、 ぽっかり明るい春のような未来が期待されます。

主人公の英一君の見事な成長ぶりに、わが息子もこうなってほしい、

と思わずにはいられませんでした。



おススメです。ヽ(*^^*)ノ

[2010/09/15 22:47 ] | 小説 | コメント(1) | トラックバック(1)
<<コタローの北海道弁講座 | ホーム | 非情なハカイダー>>
コメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
[2011/04/19 01:51] | URL | 藍色 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://papiktoa.blog130.fc2.com/tb.php/33-603d8328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「小暮写眞館」宮部みゆき
物語のすべてが詰まった700ページの宝箱。もう会えないなんて言うなよ。 あなたは思い出す。どれだけ小説を求めていたか。 ようこそ。3年ぶり現代エンターテインメント。 700ページありとても長い...
[2011/04/19 01:41] 粋な提案
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。