スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
腎臓の病気疑惑
前回、

コタローの食欲不振と多飲多尿で病院にかかり

血液検査を受けたところ、

肝機能の数値が正常化していて喜んだのも束の間、





次の日、「念のために」受けた尿検査で



獣医さんから「尿比重が異常に低い」との知らせを受け、

一週間後の今日、再検査を受けるように言われました。



このいわゆる「尿が薄い」状態、たまたまだったのか、

何か病的なものなのか・・・

一週間あけて再び尿を提出して調べたところ、



今回もまた薄い尿でした。(前回よりは多少上がっていましたが)



初めて「尿が薄い」といわれたとき、

すぐにパパ(一応医療関係者)に「尿が薄いってどうなの??」と聞いたのですが




「人間では尿比重などあまり気にしない」とのこと・・・

「何か病気を患っていて、ほかに何か症状はないか、と探したとき、ああそういえば尿比重が低かったね、という程度」



人間とワンコでは違うのか!!



とネットで検索したところ・・・「糖尿病」「尿崩症」「クッシング症候群」など重病名が出るわ出るわ・・・



でも先の血液検査では肝機能・腎機能共に正常値。

尿にも蛋白、糖、血液は出ていません。



で、考えうるのは  「腎不全」  になりかかる途中なのかも・・・・





腎臓は一度こわれたら二度と戻らない臓器。



結局、今後は肝臓と腎臓に負担のかからない食事に気をつけつつ、



月に1回尿検査をして慎重に経過観察していきましょう。ということになりました。



DSC_0317.jpg


前回の血液検査のあとおやつを禁止したところ、

もうおやつの味を忘れたのか、すっかり食欲は元通り、フードを残すことはなくなりました。


DSC_0327.jpg


気になってた多飲多尿も どうもトイレをしたときにごほうびにあげていたおやつが目当てだったようで、

これも禁止したら そんなに過度にしなくなりました。


DSC_0329.jpg


お散歩も喜んで出かけますし(すぐユーターンして戻ってきちゃいますけど)


DSC_0334.jpg


室内でも元気に遊んでます。





肝臓も腎臓も 病気になっても

症状が出にくい臓器。



だからこそ



十分に気をつけて見守っていきたいと思います。



絶対 後悔しないように・・・


絶対 長生きできるように・・・



2011年年末を迎え、決意を新たにするママでしたっ!!



テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

[2011/12/21 20:53 ] | コタロー | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバック URL
http://papiktoa.blog130.fc2.com/tb.php/195-2201c61f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。