スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
小暮写眞館

小暮写眞館 (100周年書き下ろし)小暮写眞館 (100周年書き下ろし)
(2010/05/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


大好きです。

宮部みゆき。

ミステリー、サスペンス、時代物、怪奇もの。(ファンタジーは・・・食わず嫌いで)

読むと必ず泣きます。泣けるんです。ミステリーでも、サスペンスでも。


これも泣きました。

帯にあるように 「じんわり」 きましたね。



そして、ラスト。

私が想像していたような陳腐な結末ではなかった。(よかった)



この表紙のような、 ぽっかり明るい春のような未来が期待されます。

主人公の英一君の見事な成長ぶりに、わが息子もこうなってほしい、

と思わずにはいられませんでした。



おススメです。ヽ(*^^*)ノ

スポンサーサイト
[2010/09/15 22:47 ] | 小説 | コメント(1) | トラックバック(1)
「殺人の門」
東野圭吾著。

面白かった。

3日で読んじゃった。

主人公のへたれっぷりにイライラしたり

敵(ライバル)って あれ?もしかしてこいつイイ奴なんじゃ? とドギマギしたり

あーっと言う間に読めました。

まあ、男同士の ねじれた友情 とでもいうのでしょうか。

ある意味その絆の深さが  ちょっとうらやましかったりして。


[2010/08/03 16:43 ] | 小説 | コメント(2) | トラックバック(0)
「カッコウの卵は誰のもの」
東野圭吾著。

東野圭吾、大っ好き。
でもはまったのが2年前なので、まだまだ読んでないのがたっくさん。

で。
カッコウって涼しい高原で「カッコーカッコー」って鳴いてる鳥ですよね~。
托卵するんですよね~~。
托卵ってすごいですよね、何がすごいって、卵から孵化したヒナが
真っ先に、他の卵を落としちゃうんですよね、巣から。

いやはや赤ん坊ながらスゴイ遺伝子情報!
だって生まれてからすぐに、他の卵を見て「こいつらを落とさねば!!」って
思うんでしょ!!??

お・・・恐ろしい子・・・(月影先生)

私だったらそんな赤ん坊にはなってほしくないな~よそ様の子を蹴落とすなんて(鳥の話だっちゅーの)

あ、で、肝心の小説は・・・・・・・・・・・・・

うーーーーーん。 親子の情愛 とか 動機 とか  い、イマイチ (声ちっさっ)


ま、私の推理はまたはずれたよ、ってことで。
[2010/07/29 07:25 ] | 小説 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。