スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
読了




ついに最終巻。


一気に読んだ。



まあ大掛かりなトリックもどんでん返しもなく、



何となくこうでないかな、と思ってた通りであった。



主人公たちのあまりなスーパー中学生ぶりに辟易したけど、



終わってみれば、



まあ東大受かるくらいの子って

早くからこんな優秀で当然なのか?って気がしてきた。


それにしても

一番浮かばれないのは



松子



だよね・゜・(ノД`)・゜・




スポンサーサイト
[2014/12/26 02:13 ] | 読書感想文 | トラックバック(0)
続、うーん





5巻まできた!!



相変わらず中学生たちが

スーパーすぎて




ついていかれへーん!!( ̄▽ ̄;)




でも読む


[2014/12/16 23:48 ] | 読書感想文 | トラックバック(0)
涙で・・・



いま これ読んでるんだけど


まだ2巻めなんだけど



やばい・・・・・・



涙で



先が読めない・・・



[2014/11/26 23:00 ] | 読書感想文
「麒麟の翼」


麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)
(2011/03/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る



去年の夏ごろに買ったこの本、

このお正月休みにようやく読むことができました



ネタバレになってしまうのであんまり詳しくは書けないけれど、

終盤、事件の背景ががらりと様相を変えてきたあたりから

涙・涙・・・・




別にそんなに泣ける話じゃです。




でも去年のわが家の問題とかぶるところ、個人的に共感できるところが多々あって・・・



「そうそう、そうなんですよ、お父さん!!」と・・・



加賀恭一郎シリーズの根底にあるのは父から子、子から父、というテーマだと思います。



帯に「加賀シリーズ最高傑作」と作者も認める、とありますが



傑作だと思います。



ただ一点、


前半に問題となっていた労災隠しの件が、何だかすっきりしないまま終わってしまったのが

難点といえば難点です。








テーマ:日記 - ジャンル:ペット

[2012/01/08 16:56 ] | 読書感想文 | トラックバック(0)
読書感想♪

八日目の蝉八日目の蝉
(2007/03)
角田 光代

商品詳細を見る


本屋さんの「話題の本」コーナーでたまたま見かけて、

映画化もされたんだー、ということでちょっと気になって買いました。

角田光代さんは初めて読みました。



母子の誘拐もの・愛情もの、ということで「おおーきっと泣けるに違いない!」と思ったのですが・・・



なんだかなぁ・・・


登場人物の誰からも 子どもへの真の愛情 が感じられなくて

どうにも共感も感情移入もできなくて閉口しちゃった。


誘拐犯の希和子にしたって


薫を本当に愛していたのか?? ウッソーです。


一般の方々の感想を読むと 皆さん、「希和子を応援した」とありますが・・・

そうですかぁ???


私は本作の登場人物、誰一人として応援したくもないし、共感もできませんでした。



まったくモヤモヤした作品だった。

私の読解力が未熟なだけかもしれないが。トホホ。




DSC_0044.jpg

この写真、パパが撮りました。

何か私が撮るコタと雰囲気ちがって不思議。


DSC_1148.jpg

口開けて眠るコタ。

DSC_1159.jpg

ひっくり返ってなんだかとぼけた顔のコタ。

DSC_1146.jpg



どの表情のコタもみんな、

可愛いよーー

テーマ:日記 - ジャンル:ペット

[2011/07/15 23:10 ] | 読書感想文 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。